タイ人にレイキを受けてもらいました


ソンクラーン(タイ正月)中に妻の実家へ行ったので、そこで妻の家族や親戚の方に、レイキを受けてもらいました。

妻の実家は、タイ東北部のいわゆるイサン地方にあります。バンコクとは比べものにならないど田舎です。

東屋

 写真は、妻の親戚たちの家がある小集落の中庭に立つ東屋(あずまや)です。ここが一緒に食事をする場だったり、井戸端会議をする場だったりします。

まあ島根県の私の実家も、似たようなものですけどね。特に私が生まれた昭和30年代、そして40年代くらいは。

 

妻の家族たちは、イサン地方独特のイサン語を話します。標準語のタイ語とは、単語やイントネーションにかなり違いがあります。

なのでいろいろと苦労はあったのですが、苦労話は別のブログ記事「タイ人へのレイキ」に書いたので、そちらをご覧ください。

ここでは、それぞれの方にどのような施術をしたのか、詳細に記録しておきます。

 

●おじさんへのレイキ

・2015年4月13日(月)12:00~12:05

左奥歯が痛い(おそらく歯槽膿漏)ということで、椅子に座ってもらい、左手をすぼめるようにして頬の上からあてがい、約5分間レイキした。

感想「ジンジンした。レーザーみたいだ。良かった。」

※感想は、イサン語などで話された内容を、聞き取れた範囲で理解したものを、私が日本語に翻訳しました。

 

●おばあさんへのレイキ

・2015年4月13日(月)17:00~17:30

左膝が痛いとのことで、両手で膝を挟むようにしてレイキした。

・2015年4月14日(火)9:30~10:00

右手を膝頭に乗せるようにしてレイキした。

・2015年4月15日(水)9:00~9:30

膝痛は治ったが腰(背中側)が痛いとのことで、となりに座って右手を腰に当ててレイキした。

・2015年4月15日(水)11:00~12:00

腰だけでなく左体側の腰からももにかけて痛いとのことで、横になってもらって、腰と左股関節からももにかけて足の外側をレイキした。

・2015年4月16日(木)11:30~12:00

横になってもらって、腰と左股関節からももにかけて足の外側をレイキした。

 

感想「膝痛はなくなった。(その後、レイキ中に)内部がチクチクと刺されるような痛みがある。(好転反応と伝える。)良かった。ありがとう。

 

●お義母さんへのレイキ

・2015年4月14日(火)10:00~10:30

首筋(背面)と右肩口から右肘あたりにかけての二の腕が痛くて、前夜は眠れないほどだったとのことで、首筋を背後から、それと右二の腕をレイキした。

・2015年4月15日(水)10:30~11:00

首筋を背後から、それと右二の腕をレイキした。

・2015年4月15日(水)14:00~14:30

首筋を背後から、それと右二の腕をレイキした。

・2015年4月16日(木)10:45~11:15

首筋を背後から、それと右二の腕をレイキした。

感想としては特にもらえなかったが、2回目から喜んで積極的に受けてくれ、3回目のときにはウトウトされるなど、気持ちいいのだろうなあと感じた。

 

●近所のおばあさんへのレイキ

・2015年4月15日(水)14:30~15:00

前頭部が痛いとのことで、頭を前後から挟むようにレイキした。

感想「良くなった。ありがとう。

 

明らかな反応は、おじさんがレーザーのようなものを感じたことと、おばあさんが膝痛がなくなったこと、そして好転反応と思われる痛みを施術中に感じたことです。

近所のおばあさんも、おそらく頭痛が軽減したものと思われます。

お義母さんは、頚椎の椎間板ヘルニア手術を受けており、まだ首を回せないという状況です。その影響もあってか、おそらく首での神経圧迫が原因で、右腕痛が起きていると思われました。

私の手には、ズキズキと刺すような痛みがヒビキとして感じられ、それが強まったり弱まったりを繰り返してましたが、消えることはありませんでした。

ただ、レイキを受けることで気持ち良さを感じてもらえたことは確かなようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です