指のささくれ(ひょうそ)


指の爪の近くがささくれて痛くなるときがあります。

ささくれた皮膚をはがそうとすると、さらに痛めることになりますから、適切な治療が必要です。 yubi20150620-1

こういうときも、レイキを使うと簡単に痛みを抑えることができます。

患部がピンポイントのときは、5本の指をすぼめるようにして患部に当てるのが良いようです。

または患部のある指を握るようにしたり、指先でつまむようにしても良いでしょう。

 

だいたい5分もレイキしていれば、痛みは消えます。

それまで、触ると痛かったのが、ウソのように痛みがなくなります。

しかし、それで完治したわけではありません。またしばらくすると痛みが出てくるので、完治していないことがわかります。

繰り返し何度かレイキして、完治するまで時間をかける必要があります。

 

こういうところは、吹き出物口内炎やけどなどへのレイキと同様だと思います。

痛みそのものは、レイキをすれば5分程度でなくなります。

しかし、完治はしていないので、完治するまでレイキを繰り返すと良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です