感染症への遠隔レイキ


レイキは、どんな病気にも効果があると、創始者の臼井甕男氏は言っています。

さらにレイキは、対面で行うだけでなく、遠く離れた人に対して遠隔で行うこともできます。

今回は、そういう貴重な体験談がありましたので、シェアさせていただきますね。

 

シェア元は、「バンコク竹亭日記」で、「体験談 遠隔レイキが治癒を促進」という記事になります。
体験された橋本修一さんは、レイキ練習交流会にも参加されています。

その記事から一部を、こちらに引用しましょう。

 

Lineにお願いの書き込みをして、何人かの方がご親切に遠隔に協力しますと返事をくれた直後、日本時間の夕方4時半頃でした。

突然、右ふくらはぎにじんとした感覚がありました。

そして、右ふくらはぎ全体が暖かくなってきたのです。
なんだか細胞自体が振動発熱している感じでした。
健康な左ふくらはぎとは感じられる温度がはっきりと違います。

私はベットに横たわって、その心地よい感覚をただ味わいました。
そして感動していました。

誰かが私のために今、無償の愛でレイキを送ってくれていると。
なんだか、とても嬉しくて暖かい気持ちになれたのです。

それからは、数日に渡って断続的に右ふくらはぎが暖かくなりました。
その度にどなたかがレイキを送ってくれていたのでしょう。

ふくらはぎが暖かくなるたび、このレイキはどこから来ているのかと思わず病室の天井を見上げますがもちろん何も見えません。

でも、レイキは確かに時空を超えて私に届いていたのです。

(中略)

そしてレイキの効果ですが、遠隔レイキを受けた夜から急に食欲が出てきてお腹が空いて困りました。
レイキを受ける前は、量の少ない病院食のおかずすらなかなか喉を通らなかったのが嘘のようです。

そして、次の日から腫れがどんどん引き始めたのです。
炎症も収まりはじめ、ぱんぱんに膨らんでいた右ふくらはぎが一日で見てわかるほど細くなりはじめました。

それからは、毎日病状はどんどん良くなっていきました。
これは全て私が体験した実話です。

 

いかがでしょうか?
これがレイキをする者にとっては、ごく当たり前のことなのです。

 

これ以外にも、デング熱に感染した女子大生に対して、約10人くらいで遠隔レイキを行いました。

このときも、退院予定日が1日早くなるという効果があり、ご本人からも「レイキのお陰です」とのコメントをいただきました。

 

レイキは、その癒し効果によって、その人の自然治癒力を高める結果を引き出します。

実際に病気が治るかどうかは、その人次第だと思います。
ただ、レイキを受けるだけで気持ちが良くなり、安心感が広がることで、回復を促進すると言えると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です