原因不明の目の病気へのレイキ


タイ在住の60歳過ぎの男性の症例です。

ゴルフをしていて突然、首筋辺りにピキーッという痛みを感じたそうです。そこからボールがよく見えなくなり、ゴルフのスコアはガタガタに。

翌朝、起きるとモノのピントが合わず、気持ちが悪くなるほどだったとか。特に下の方を見ると、まったく視認することができず、歩くときもつまづかないように、そろそろと歩くほど。それでも何度も足をぶつけたそうです。

車の運転もまったくできなくて、一時は車も売ってしまおうかと弱気になられたようです。ともかく帰国して診察を受けたい。それで、すぐに実家へ帰られました。

ところが、病院で診てもらっても異常がありません。MRIの検査も受けましたが、まったくの正常。3つの病院で診てもらったそうですが、どこも同じ結果でした。

首のあたりからMRIで診てもらったそうですが、それでも原因がわかりません。原因がわからないから、治療法もありません。医者が言うには、しばらく落ち着くのを待って、それから眼鏡で補正することを考えましょう、ということでした。

そういう状態だったので、友人は諦めてタイに戻ってきました。そして、藁にもすがる思いで、私のレイキを受けることにしたのです。

1回目は、2016年2月27日(土)の15:30~16:30の1時間です。頭部を、前面、後面、側面と丹念にレイキをしました。そのときはレイキの練習交流会でもあったので、他の人に胸、腹、足などもレイキしてもらいました。

2回目は3月1日(火)、3回目は3月4日(金)、4回目は3月8日(火)で、それぞれ1時間ずつ私1人で行いました。やっているうちにだんだんと、ヒビキの強いところが特定されてきて、そこに集中的に行うようになりました。

ヒビキが強かったのは、背面の首の付根、左側の腎臓です。最初は目にやっていましたが、あまりヒビキが強くありません。後頭部が少し強いと感じて手を当てていましたが、両手で後頭部をやったとき、首の方から強いヒビキを感じたので探ったところ、首がもっとも強いとわかったのです。そのとき初めて、ゴルフのときのエピソードを聞かされました。

念のために左右の腎臓や肝臓なども手を当ててみると、左の腎臓だけ強いヒビキを感じました。そのことを友人に伝えると、そこが痛くなることがあると言っていました。それで途中から、左手を首に、右手を左の腎臓にという形で、レイキをするようになりました。

5回目は3月10日(木)ですが、ヒビキが一向に弱まらず、1時間半ほど施術しました。6回目は3月15日(火)、7回目は3月18日(金)、8回目は3月30日(水)、9回目は4月5日(火)に、それぞれ1時間ほど行いました。

レイキの施術をしている間に、症状は徐々に改善されて、車を運転したり、ゴルフもできるまでに回復されました。初回の時は斜視のような表情をされていましたが、これも3回目くらいには大幅に改善され、現在ではまったく普通の状態です。

まだ100%ではありませんが、かなりよくなっているから大丈夫ということなので、それ以降はレイキをしていません。本当は、もう少しやった方が良いとは思うのですが、レイキは相手の自由を重んじますから。日本の病院でさじを投げられた友人でしたが、今は元気で一緒にソフトボールもやっています。

原因が何かは、レイキでは特定できません。しかし、どこに症状が出ているのか(患部)どこが悪いのか(病根)はわかります。そこがレイキ(氣)を必要としているので、そこに手を当ててレイキを流してあげる。そうすることで、自然治癒力が促進され、症状が改善されます。

レイキは、病気を治してあげるものではなく、治ろうとしている本人の身体を助けてあげるものです。なので、治るかどうかは本人の身体次第なのです。

不調なところがある方、ぜひ試しにレイキを受けてみませんか?ご連絡はこちらへどうぞ。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です