骨折治療後のレイキ


私(赤木)が友人に対して行ったレイキの実例を紹介します。

友人は、右足の付け根あたりを骨折し、その治療後のリハビリを行っていました。骨はくっついたものの力が入らず、まだ歩行器を使ってやっと歩ける程度とのこと。

そういった主訴を聞いて、以下のように施術しました。

 

●施術内容

・1回目:6月17日(火)20:00~22:00
 半身交血法(※1),基本12ポジション(※2)+足の手当て,右足鼠径部の手当て

・2回目:6月20日(金)20:30~22:30 (2時間)
 基本12ポジション+足の手当て,腰の手当て

・3回目:6月25日(水)20:00~22:10 (2時間10分)
 基本12ポジション+足の手当て,腰の手当て

・4回目:7月1日(火)20:00~22:00 (2時間)
 基本12ポジション+足の手当て,腰の手当て

・5回目:7月4日(金)20:00~22:00 (2時間)
 基本12ポジション+足の手当て,腰の手当て

・6回目:7月9日(水)19:15~21:00 (1時間45分)
 腰と足の手当て,右足の付け根(後ろから)の手当て

・7回目:7月16日(水)19:45~22:15 (2時間30分)
 腰と足の手当て,右足の付け根(後ろから)の手当て

※1:精気づけ、新陳代謝促進を目的として行うマッサージのようなもの。
※2:西洋レイキで手を当てるポジションとして、効果的とされる12のポジション。(頭部、体前面、体背面に、それぞれ4ヶ所ずつある。)

 

●経過

1回目のとき、右足鼠径(そけい)部に手を当てたところ、私の肩甲骨あたりがビリビリしてきました。彼もまた、ビリビリしたものを感じるとともに、鼠径部に冷却パッドを貼ったような感じがすると言っていました。

2回目では、私の身体が熱くなるくらいで、特にまだ強いヒビキ(※3)は感じませんでした。彼はサロンパスを貼ったような、繊細な電気のようなものを感じると言っていました。

3回目では、腰に手を当てたとき、私の手がビリビリピクピクして、指先を軽く触れているだけで身体が火照ってくる感じがしました。彼はそのとき、足先まで電気が来ているのを感じると言っていました。

これまでの2回で、ベッドの上で起き上がるのもスムーズになり、身体がしっかりしてきたそうです。歩く時も、歩行器から松葉杖に変わっていました。

4回目では、腰からお尻にかけて手を当てると、ビリビリ感が増して、私の身体が火照ってきました。彼は、腰に手を当てられると奥の方が痛く感じたそうです。ただしそれは、良くなっているという感じの痛みだと言っていました。

5回目では、お尻よりも足の付け根が強くビリビリと感じ、さらに右足の方が強く感じました。彼にそう言うと、そこが骨折した部分だとのこと。それで、その部分を重点的にレイキすると、手から肘までビリビリしてきて、胸や背中が火照ってきました。

6回目では、背面から右足付け根をレイキしたところ、手がそこに吸い付いて、右薬指は折れ曲がって足の中にめり込んでいるような感覚がありました。彼は、同じようにレイキを受けても、左足の方が冷たく感じると言っていました。また右足付け根は、骨に効いているような痛みがするとも。

この時点で、彼は松葉杖なしでで歩けるまでに回復していました。そこまでが目標だったので、施術させていただいた私も、とても嬉しかったです。

7回目では、腰から足の全体でビリビリ感、ジリジリ感が感じられました。右足付け根をレイキすると、やはり手が吸い付いて離れない感じがするのと、ときどき指にチクっとする痛みを感じました。これもまたヒビキだと、あとでレイキの先生から教わりました。

※3:レイキをするときに施術者の手に感じる特別な感覚。熱を感じる熱感やビリビリ感など。ビリビリ、ジンジンなどのしびれたような感覚と、それが先鋭化したような痛みの感覚もあります。このヒビキによって、施術者は身体の悪い部分がわかります。

 

●感想

名前:ヨシモト
幸運な事に、赤木さんに、合計6回(※4)のレイキ・ヒーリングをやって頂きました。
腰骨の粉砕骨折でもう2ヶ月近い入院ですが、本当に助かります。ありがとうございました。

初回は赤木さんの手のひらがほんわか暖かく感じ、優しく患所を包んでもらっているような感覚でスタートしました。今まで一度もレイキ・ヒーリングを受けた事がなかったので、正直、特に期待はしていませんでした。赤木さんからも、ただ普通にしていて下さいと言われたので、患部に意識を集中するとかといった事もしませんでした。

ところが回を重ねるごとに、患部が内側から火照るように反応してくるのを実感してきます。赤木さんも2回目からは、手のひらがビリビリくるとおっしゃってましたが、骨折で痛み止めを飲んでいた私にも、面白いことに骨や周囲の筋肉が反応する感覚が分かります。

特に3回目以降は、手のひらが置かれると一番炎症がひどい腰の部分が疼き始め、ジンジンと痛みの様な感覚が走るのには驚きました。何か、骨の芯まで何らかの作用が働いているのが実感できるという、不思議な体験でした。

効果については、自信を持ってあると言えます。それまでの病院での西洋医学的な療法とは違う体験だからでしょうか。自分の身体が実際に某かの反応をしていると実感できますので、回復に対する信頼も回数が増えて強化されている。そんな印象を、嬉しいことに今も持てています。

毎回、お互いに興味ある話や雑談をしつつでの治療体験でしたから、2時間はあっという間でした。終わった後はお互いに疲れるとか、やれやれといった空気も一切ありません。これまた不思議と、相手に負担を掛けたという感じが全くないので、赤木さんには「またお願いしま~す」とついつい甘えてしまいました。赤木さん、本当にありがとうございました。お陰様で回復が加速されました。

一切余計な負荷が掛からないというのも分かったので、個人的にもレイキ・ヒーリングに関心が湧いてきます。素晴らしい体験でした。
赤木さん、心から感謝します。

 

※4:この感想は、6回目のレイキが終わった段階で書いていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です