アレルギー性のヒビが治った


一時帰国で東京へ行った時、参加者の1人にレイキをしてあげました。

右手中指の腹側の真ん中辺りに、長さ2cm弱くらいのヒビが入っていました。

アレルギー性のものだと本人は言います。

それで私のレイキをやってみてほしいと依頼されたのです。

 

患部が私の手の中心に来るようにして、その方の手を上下から挟んでレイキをしました。

レイキについての説明をしながら、ほんの5分弱だったでしょう。

それで治るとも思っていませんでしたが、レイキの体験ということでしてあげました。

 

ところがその数日後、その方からメールをいただきました。

先日はどうもありがとうございました。赤木さんのレイキでアレルギーの指はすっかり綺麗になりました!

これには私が驚きました。それで、確認のメールを送ったのです。

アレルギーの指がすっかり綺麗になったのですか?
それ、本当ですか?

レイキの効果は確信しているものの、実際に病気や怪我がどの程度治るかは、それぞれ差があります。

また、施術がたったの5分でしたから、怪我したばかりの切り傷などならいざしらず、アレルギー性のヒビが治るとは思わなかったのです。

その方から、さらに詳細な説明が届きました。

本当ですよ。ありがとうございました!
レイキをしていただいた当日は変化はなかったのですが2日目から傷口が割れていたのが修復しはじめ、今はもうほとんど完治していますよ。

 

これには本当に「ワーオ!」と叫んでしまいましたよ。

レイキってすごいですね。改めて、その効果に驚かされました。

 

実はこの前にも、レイキの効果を実感する出来事がありました。

それはソフトボール大会の最中で、ある人が足をつって倒れこんだのです。

右の太ももがつったらしく、助けてもらって伸ばしたり縮めたりしましたが、その痛みが取れないとのこと。

それで倒れて痛みに耐えているその人のところへ行って、「レイキをしてみましょうか?」と申し出たのです。

最初は、何か変なことをされるんじゃないかとの不安から、その人は私の申し出を断られました。

しかし、時間がたっても痛みが引かないので、ついには受けてみることにしたのです。

その人に横を向いてもらい、私は太ももの裏側に両手を当てて、レイキがどのようなものかを説明し始めました。左手にはバッティンググラブをはめたままです。

話をしながら、これも5分も経たないころ、その人が突然こう言いました。

あれっ?痛みがなくなっている。何しました?

何をしたと言いわれても、見ての通り手を当てただけですよ。本当に大丈夫ですか?

いやー、びっくり! 本当に痛くない。

おそらくそれで完治したわけではないでしょうけど、レイキで痛みがなくなるのは、よくあることなんですよね。

 

そんな会話をして、施術を終えました。

このときもやはり、「レイキってすごーい!」と思いました。

これだけ効果のあるレイキを、多くの人に役立ててあげたい。今は、そういう思いを強くしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です