突き指へのレイキ


私のソフトボール仲間のタイ人女性が、ソフトボールの練習中に声をかけてきました。

聞くと、2週間前のソフトボール中の打撃時に一塁手と接触し、突き指したのだそうです。

その痛みがまだ引かず、人差し指が曲がらないとのこと。

 

練習中でしたが、すぐにレイキをしてあげました。

ベンチに並んで座り、彼女の左手の人差し指が中心になるように、上下から両手で挟みます。

しばらくすると私の手に、ジンジンとしたヒビキが感じられます。「やはりまだ悪いようだ。」と、そのヒビキからわかるのです。

練習試合が始まって、私や彼女の出番が来るまでの約15分間、じっとその体勢でレイキをしました。

 

出番が近づいたので様子をうかがうと、彼女が驚いて言いました。

痛くないし、ほら、指が曲がるようになったよ!

まだ完全ではありませんが、たしかに少し指が曲がるようになっていました。

まだ完治とは言えませんが、かなり状態は良くなったようです。

 

たった15分でしたが、怪我や打撲など急性の損傷に対するレイキの効果は、絶大なものがありますね。

本当は、突き指した直後にやった方が、もっと効果的だったと思います。

 

こんな超能力のようなことができるレイキですが、実はすべての人に備わっている能力です。

使えば使うほど、その能力を高めることができます。

ぜひみなさんも、レイキを使ってみてくださいね。練習交流会にご参加いただければ、使い方のレクチャーもできますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です