頭痛のときのレイキ


レイキは、痛みに対して非常に効果的です。

したがって、頭痛による不快感を和らげるのにも、レイキは効果的だと言えるでしょう。

 

先日、知り合いの方の娘さん(大学生)の方に、レイキをして差し上げました。

症状は、原因不明の頭痛が2~3日続いていて、勉強が手に付かないほどだとか。

以前にもそういう頭痛があって、医者からは原因不明で痛み止めの薬が処方されるだけだそうです。

特に右の耳辺りから、ひどいときは口の辺りまで痛みが広がるそうで、そのときも口(歯)まで痛くなっていたようです。

 

さっそく、ソファーに頭を起こして横になってもらい、後ろからレイキをしました。

まずは頭頂部を中心に手を当てると、ビリビリするかなり強いヒビキを感じました。

15分くらいしてから、両耳を挟むようにして、側頭部をレイキしました。このときも、かなり強いヒビキを感じました。

30分くらいたって様子を尋ねたところ、まだ痛みがあるとのこと。また最初、吐き気を感じたということでした。

無理をしないよう伝えた上で、続けるかどうか尋ねると、まだ続けたいとのこと。トイレ休憩を挟んで、またレイキをしました。

今度は背後に立って、指先を下に向けるようにして側頭部を挟みました。こうすると、指先は口の横辺りにあり、手のひらが耳を挟む形になります。

こうして30分、合計で約1時間のレイキを行いました。

 

終わった後の感想は、「眠くなった」「ビリビリした」「痛みはかなり治まった」とのこと。

ということで、ここでレイキの施術を終えました。

後から伺ったところ、そのあと娘さんと一緒にうどんを食べて帰られたようです。娘さんは中間試験の勉強もできるようになられたとか。

 

偏頭痛など、慢性的な頭痛の場合、効果が現れるまでに時間を要する場合があります。

また、頭痛の原因が脳の病気の場合がありますので、単なる頭痛だと決めつけずに、医師の診断を受けることをお勧めします。

その上で、不快感を軽減するためにレイキを行うことは、とても効果的だと思います。

 

もちろん、創始者の臼井氏は、レイキはあらゆる病気に対して効果があると言われています。

ですが、レイキは治療行為ではありませんので、レイキだけで病気を治してもらえるなどと考えないようにお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です