偏頭痛へのレイキ


偏頭痛の多くは、原因不明のケースが多いです。

原因がわからないのですから、治療も対処療法しかできません。せいぜい、痛みを軽減する薬を飲むぐらいのこと。

昨日は、そんな偏頭痛で苦しんでおられた方へレイキをしました。

 

対象者は、タイで働いておられる女性です。数年前に偏頭痛を発症し、そのときは倒れてしまわれたそうです。

頭の左側が猛烈に痛くて、その影響なのか、しばらくは言葉や人の名前を忘れてしまわれたのだとか。

そのとき以来、薬が手放せなくなったそうです。いろいろ試して、自分に合った薬を処方してもらい、それがあれば、偏頭痛が起こってもすぐに痛みがおさまる。そういうことを繰り返しておられたそうです。

それが、昨日はその薬が効かないのだそうです。多少は痛みが軽減されるものの、痛くて仕事に集中できません。

夕方になり、私のところへ助けを求めて来られました。

 

見たところは、それほど苦しんでいる感じはありません。ただご本人は、まだけっこう痛いと言われていました。

さっそくベッドに仰向けになっていただき、レイキのことを説明しながら施術しました。

両手で頭を軽く挟むようにすると、すぐに両手が頭に吸い付くような感じで、強いヒビキを感じました。さらに私の左手首には、ときおり痛みを感じます。

30分して様子を伺うと、ほとんど痛みがなくなったご様子。それで、左腕も痛みがあると言われていたので、次は左腕に左手を当て、右手は頭頂部に当てるようにして、さらに30分ほどレイキをしました。

終わってから様子をうかがいました。すると、「あれっ、なんで?もう痛くないです。」と、すっかり偏頭痛がおさまったご様子でした。左腕の方は、まだ痛みがあるものの、前より随分とマシになったと言われていました。

 

以前、「頭痛のときのレイキ」ということで、知り合いのお嬢さんにレイキをしてあげたことがありました。

そのとき、レイキを始めてしばらくすると、痛みが増したり、吐き気がするなどの反応がありました。そのとき、好転反応だろうということを説明しました。

今回も、始めてすぐ、吐き気を感じられたそうです。しかし、すぐにおさまったので、そのままレイキを続けました。

好転反応というものはありますが、レイキを続けるかどうかは、ご本人の判断です。レイキは無理をさせません。ご自身が身体の声を聞いて、ご自身で判断していただきます。

 

今回は、1回の施術でたしかな効果が現れましたが、必ずしもそういう効果を保障するものではありません。症状によって、あるいは人によって、効果の出方は様々です。

しかし、最低でも30分、レイキを受けていただいたなら、何らかの変化を感じていただけるものと思います。

不調なところがある方、ぜひ試しにレイキを受けてみませんか?ご連絡はこちらへどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です