「レイキ癒し処」のサービス

「レイキ癒し処」は、主にレイキの施術を行うところです。

身体的あるいは精神的に不調のある方、心身の癒しやリラクゼーションを求めておられる方、またはレイキに興味がある方を対象に、レイキの施術をさせていただきます。

※他にレイキの講習も行っていますが、こちらはレイキ講座のページをご覧ください。

 

●施術内容について

施術には、以下の4つのパターンがあります。

①身体のチェックをしてから施術する方法
特に不調な箇所がはっきりしない方、または身体チェックを希望される方に行う手法です。怪我などで「患部=不調な箇所」とはっきりわかっている場合は不要ですが、病気など「患部≠病根」の可能性がある場合は、チェックをお勧めします。

最初に椅子に座って、10~15分かけて全身をチェックします。そのチェック結果をお伝えしながら、どのようにレイキをしていくかを相談します。残りの時間は、相談した結果にしたがって、レイキの施術を行います。(全体で1時間以上がお勧めです。)

ベッドに横になって行う場合は、施術の最後に伝統的な霊氣の手法である「血液交換法」という、血行を良くするためのマッサージのような方法をさせていただくことも可能です。うつ伏せになって行います。この時間は5~10分ほどになります。

②単にレイキの施術をする方法
レイキの施術が2回目以降の方、あるいは具合の悪いところが明確になっている方、特に不調なところがなく、健康の維持や美容のためにレイキをされる方に行う手法です。

基本的にはベッドに横になって行いますが、椅子に座ってでも可能です。レイキの施術をしながらも、気付いたことがあればフィードバックします。それによって、手を当てる箇所(施術部位)が変更になることもあります。

特に不調がなければ、西洋レイキのヒーリング手法で、全身に順に手を当てていく方法(スタンダードポジション)で行います。不調な箇所があるようでしたら、その箇所にのみ手を当てるという伝統的な手法で行います。

血行を良くするための伝統的な手法「血液交換法」を、施術の最後に行うことも可能です。

腰痛などだと、たいてい3~4回の施術(1回1時間以上)で、何らかの変化が現れます。ただし、痛みが消えたからと言って、必ずしも完治したわけではありません。レイキ的には、手で感じるヒビキ(病腺とも言う)が消えた時点で、完治とみなしますので。

ただ、いつやめるのか、いつまで継続するのかなど、選択は自由にできます。私からは、その都度必要なフィードバックをさせていただきます。

③心の癖を改める手助けをする方法
あがり症、心配性、閉所恐怖症、うつ病、PTSDなど、心の癖に悩んでおられる方に行う手法です。うつ病など精神的な病は、物理的に脳機能の損傷が原因の場合もありますが、多くは考え方の習慣によるものと考えられます。こういう場合に有効な方法です。

これは日本の伝統的な霊氣の療法で、「性癖治療」と呼ばれているものです。心の癖を改めるためのヒーリングとなります。

まずは、どのような心の癖があるのかを、カウンセリングを行いながら明らかにし、その心の癖を直すためのレイキを、椅子に座って30分ほど行います。(ベッドで横になるなら1時間の施術も可能です。長時間の方が効果的です。)

2回目以降でも、まずはその心の癖が本当に直したいものかどうかをカウンセリングで再確認した上で、1回目と同様にレイキを行います。効果を少しでも感じるには最低でも3回は行う必要があると思いますので、その点をご考慮ください。

特に幼少期のトラウマなどが原因の場合は、施術回数は増える傾向があります。一方、最近の出来事が原因のPTSD(心的外傷後ストレス障害)の場合は、比較的に少ない回数で効果が現れる傾向があります。(途中でやめることは可能です。)

④レイキを体験する方法
単にレイキとはどういうものか知りたい、体験してみたい、という方に行う手法です。

椅子に座って、ご希望の部位に施術しながら、レイキとはどういうものかをお伝えします。時間は、15分または30分となります。レイキを受けた時の感じ方は人それぞれですが、30分受けていただいた方が、レイキを実感していただきやすいと思います。

※イベントなどでは、30分未満のレイキ体験を無料でさせていただくこともあります。機会がありましたら、お試しください。

 

※この他に、遠隔ヒーリングという方法もあります。
これは、事情があって対面で施術が行えない方に、離れた場所から遠隔で施術を行う方法です。
本格的な施術は、原則的には、すでに信頼関係ができている方にのみ行います。
現在、遠隔ヒーリングは「coconala(ココナラ)」という販売サイトにを通じて行っています。よろしければ、ご利用ください。
→ ココナラの出品ページ

症状が重い方へ遠隔レイキヒーリングをします ぎっくり腰、四十肩五十肩、偏頭痛など、重い症状の方へ
 

●施術に関する注意について

レイキの施術は、基本的には服を着たままベッドに横になって行います。タオルを掛けますので、スカートなどでも大丈夫です。
身体に軽く触れますが、気になるようでしたら手を浮かせて(手かざし)施術することもできますので、遠慮なくおっしゃってください。

終わった後、感想を書いていたける方は、ぜひご協力ください。

また、レイキの施術では、「好転反応」というものがあります。事前にお読みいただけると助かります。

※施術にかかる費用は、「レイキ施術料」のページをご覧ください。

※施術の予約方法は、「レイキ施術予約」のページをご覧ください。

 

●施術以外のサービスについて

「レイキ癒し処」が提供するもう1つのサービスは、アチューンメント(霊授)です。これを受けることで、誰でもレイキを行えるようになります。

ただし、アチューンメントだけを行うサービスは、現在は行っていません。レイキの講習を受けいていただく中で、適切な回数のアチューンメント行います。レイキ講習の詳細は、レイキ講座のページをご覧ください。

アチューンメントを受けていただくということは、自分自身でレイキができるようになるということです。これは、靈氣的な生き方をする第一歩にもなります。
特に、精神的な問題を抱えている方は、単にレイキを受けるだけでなく、自らレイキをされることをお勧めします。これは他で書いていますが、レイキの五戒を実践することになるからです。

レイキは宗教ではありませんが、唯一の教えが「五戒」として残されています。朝夕にこれを唱えることが、靈氣実践者の務めでもあると思います。そして、そのように生きようと決めることが、靈氣実践者の生き方だと思うのです。

 

※お問い合わせや予約は、「「レイキ癒し処」の場所と連絡」のページの下部にあるメール・アドレスへお願いします。